着付教室@いせや呉服店 風景



2009年6月〜、ご縁がありまして
東京都江戸川区にありますいせや呉服店にて
着付教室を行っております。

【日時】毎週 木曜日 10時〜12時/13時〜15時
【場所】いせや呉服店 (江戸川区松江3-20-7)
     JR新小岩駅よりバスor都営新宿線船堀駅
【料金】1レッスン ¥1500
    ※浴衣体験レッスンは¥1000
【持ち物】着物、帯、長襦袢、腰紐3本程度、帯板、帯枕、
     帯締め、帯揚げ、クリップあるいは洗濯バサミ、
     和装肌着類、タオル、
     あれば正絹博多織の伊達締め2本(無くても構いません)
【その他】・基本的にご自分の着物や帯、小物をご用意頂きます。
     ・テキスト ¥2000にてご用意しております。
     ・ラクで簡単、昔ながらの紐使いでの着付です。

詳細など、直接いせや呉服店にお問い合わせ下さい。
←お問い合わせフォームからのお問い合わせもOKです。



0

    お教室日誌 公開中!

    教室バナー.jpg


    生徒さんのお稽古の様子を「教室日誌」で伝えております。
    もちろん生徒さんの顔とお名前は分からないように配慮しながら、
    でもその日のお稽古の内容が分かり、尚かつ講師からのアドバイスも付いております。

    「愛昌きもの学院ってどういう授業をやっているのだろう?」
    「着付教室ってどういうことを教えているのだろう?」

    そう思ったら、是非クリックして覗いて見てください!



    0

      母から娘へ 花嫁衣装を

      学院は、基本的に個人のお客様を大切にしておりますので、時々、お客様のちょっと難しいご要望にもお応えしてしまいます。

      この秋、挙式されますお嬢様に、花嫁衣装を着つけて差し上げたいという、お母さまからのご要望にもお応えいたしました。

      花嫁衣装の着付は、基礎課程から学院で学ばれている生徒さんでも、困難な内容になりますが、丁寧に指導することで、半日でマスターされました!

      技術の上手い下手ではなく、嫁ぐお嬢様に心をこめて着付をすること、またお嬢様もお母様に着つけて頂いた思い出は、深く心に残ることと思います。本来、着物は、母から娘へ、このように伝わっていったものだと思います。私自身、着物の心の原点に立ち戻ることができました。

      542017506_21s.jpg
      0

        2007年 浴衣レッスン風景

        2007年の浴衣レッスンも、沢山の方が受講されました!少しでもコツを覚えて、着崩れしないで浴衣が楽しめたらと思います。

        生徒さん 016.jpg
        生徒さん 017.jpg

        外国人の方も浴衣レッスン受けました!日本語が通じないということで、英語で簡単なテキストもお渡ししました♪

        生徒さん 012.jpg

        基本的な蝶々結びから、御自分なりのアレンジを考えられました!パッとできた創作結び、気に入ってそのままお出かけされました!
        0

          生徒さんの着物選び(振袖レンタル編)

          生徒のMさん、この秋に婚礼参列のため、振袖をレンタルすることになりました!でも、自分ではどの着物を選んだらいいのかわからない・・・ということで、実際に羽織って、アドバイスいたしました。


          Mさんが好きな色はこの着物 ↓
          生徒さん 020.jpg

          次にキレイめな色で選んだのがこれ ↓
          生徒さん 022.jpg

          こういうインパクトあるものもいいかも!? ↓
          生徒さん 023.jpg


          Mさん「何がいいですかね〜?」

          飯田「顔がきれいに見える色を選びましょう。自分の好きな色は、似合う場合が多いけど、それがベストな色とは限りませんよね。」

          Mさん「私はピンクのこの色が好きなんですけど、どうですか?」

          飯田「これよりは、薄いグリーンの方が顔色がぱっと明るくなるわよ!」

          Mさん「あ、ホントだ!頬の辺りが白く見える!」

          飯田「3枚目の濃い目のグリーンもいいんだけど、この辻が花は地紋にも金糸が入って、写真では分かりにくいけど豪華すぎちゃうかしらね〜。色目的にはこういうのもインパクトあって良いと思うけどね〜。」

          ※やっぱり写真でみると、顔色の違いが分かりにくいですね^^;

          写真でみるのと、実物では、色目が違いますね。
          着物は実際に当てて選ぶのが一番良いと思います。その際、できれば半衿(白)をつけて、着物を実際に着ているのと同じようにして選びたいですね。自分に似合う色にめぐり合うと、パッと顔が明るくなります!びっくりするほど、どなたでも分かると思います。それは自分が今までは選ばないような色目かもしれません。色々と実際に当てて、自分に合うものを探して生きたいですね!

          0

            1
            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>
            書いた記事数:101
            最後に更新した日:2017/05/11

            コンタクトフォーム

            AIMASA KIMONO GAKUIN

            portrait.JPG 後見 004.jpg profilephoto

            twitter きもの de つぶやき

            Facebook!

            メルマガ きものあれこれ大和撫子 購読はこちら!

            メルマガ登録・解除
            きものあれこれ大和撫子
               
             powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
            qrcode
            無料ブログ作成サービス JUGEM